黒糖(黒砂糖)の歴史

論より証拠

 日本には元禄時代(1688年)に伝わりました。江戸時代より沖縄、奄美大島、種子島などで生産されてきました。沖縄では“ヌチグスイ(命薬)”と呼ばれ薬として飲まれていたこともあるそうです。
 砂糖は製法により含蜜糖と分蜜糖に大別されます。
 「含蜜糖」は原料のさとうきびなどの絞り汁をそのまま煮詰めたもので、代表的なものに黒砂糖があります。精製していないのでミネラル分を多く含みます。

 「分蜜糖」はさとうきびなどの甘み成分(蔗糖)だけを取り出し、精製して作ったもので、代表的なものは白砂糖やグラニュー糖です。精製過程でほとんどのミネラルは除かれてしまいます。
 黒糖・黒砂糖は黒色で塊状の砂糖で、糖度80〜86あります。完全に精製された上白糖などに比べカルシウムや各種ミネラルを黒糖・黒砂糖は豊富に含みます。
 成分は、各種ビタミン、鉄分、カルシウムなどを多く含み、優良なアルカリ性食品です。

▲ページトップへ

↓のサイトより当社製品をお求めいただけます

おさとうドットコムネットショップ